Welcome!

ハウスのタペストリー

フレンドシップキルト

<ハウスの作品 2016年作成>

パッチワーク教室で出会った5人
チクチク大好きな私たちが
2009年に仲間が始めた「カフェ&ギャラリーやまぼうし」でキルト教室をすることに
5人5彩の作品を感じていただけるように
一針一針、パッチワークと向き合い、楽しんでいきたいと思っています
 すぷーる10周年の節目に、来年2019年には兵庫県猪名川町日生中央「サピエギャラリー」にて作品展の開催を予定しております。パッチワークを通じて人と人との繋がりを大切に、共有したひと時を楽しみたいと思っています。
作品展に向けた制作日記はメニュー>すぷーるチクチクだよりから更新しています。

スタッフ紹介

金井作品「ハウス」金井 晴美
「パッチワークの魅力は?布の風合いや色の組み合わせで、様々な表情を表現できる所だと・・・。教室では普段使いの作品作りを心がけ、楽しいチクチクタイムを共有できればと思っています。」
<平成13年日本手芸普及協会 講師資格取得>
中井作品「ハウス」中井 佐知子
「パッチワークは大好きですが、ついつい色やデザインに悩んでしまい時間がかかります。ひとりでは絶対続けてこられなかった・・・と思っています。これからも自分らしい“キルト”を目指し頑張ります。」
<平成13年日本手芸普及協会 講師資格取得>
真下作品「ハウス」真下 悦子
「パッチワークに出会って30年。やはり色に悩まされ続けています。これからも仲間の刺激を受けながらスキルアップに努めていきたいと思います。」
<平成13年日本手芸普及協会 講師資格取得>
山岡作品「ハウス」山岡 文代
「40代半ばから始め、早25年?!・・・。仲間の支えと刺激のおかげで生きがいになりました。これからもチクチク頑張ります。」
山﨑作品「ハウス」山﨑 早由里
「パッチワークは布と布を繋いで一つの作品を作り上げるのですが、それ以上に“人と人”とを繋いでいくものなんだなぁ・・・と思っています。これからも仲間とともに楽しみながら続けていきたいです。」
<平成13年日本手芸普及協会 講師資格取得>

ハウスの刺繍